近代人物調査部

アクセスカウンタ

zoom RSS 元祖・「エロかっこいい」アイドル 河合澄子・その2

<<   作成日時 : 2014/12/22 02:21   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

前回は浅草オペラの功労者であり、人気アイドルだった河合澄子さんの生い立ちを簡単に追ってみました。
(いくつか訂正部分がありますのでそちらも見ていただければ幸いです。)

前回では1938年10月の都新聞「河合澄子は東駒形に居住し、舞踊稽古場を開いていた」という記事を見つけたことを書きましたが、さらにその記事の中には「私の父は10月12日が命日なので…」という記述があったのです。ということは東駒形周辺のお寺に実家・高久家の墓があり、そのために彼女は東駒形に戻ったのでは…と思い、先週の日曜日(12/14)に現地に向かいました。

今回は取材、というわけではないのですが、河合澄子さんについての聞き込みを行うべく、東京都墨田区にある
妙縁寺にお邪魔してきました。

ちょうど入口の受付にお寺の方が居り、お話を伺うことができました。
ただこの時は碌な資料を持ち歩いておらず、やや型破りな方法での聞き込みとなってしまいました。

「これは昔、浅草で活躍されたの有名人の方なんですが、この方のお墓を探しておりまして…」とスマホにとりこんでおいた画像をみせながら尋ねました。
少々無礼な尋ね方だったのと、個人情報の問題で断られるのかと思いきや、親切丁寧に対応していただき、それだけでなく寺の内部にあるご本尊まで通していただき、拝ませていただきました。

残念ながら河合さんに関する直接の手がかりは得られなかったのですが、私のブログのことや、調査目的について話したところ、嬉しいことに大変関心を持っていただきました。
また、そちらのお寺には浅草の歴史に詳しい方が居り、お話を伺うことができました。
事細かく記録していないので大雑把な部分しか書くことができませんが、
河合さんの実家・高久家があった東駒形周辺は1945年3月の東京大空襲で甚大な被害を受けたようで、住んでいた人々は逃げまどい散り散りになってしまった。もしかしたら(河合さんの手がかりが)見つからない可能性もある、とおっしゃっていました。
また、新たに手がかりを探す場所としてすみだ郷土文化資料館や、少し離れたところにある常泉寺もあわせて紹介をいただきました。
画像


あの時は碌に資料を持ち歩いておらず判りにくかったことや、言葉足らずで理解しづらい部分があったこともこの場を借りてお詫びしたいと思います。
妙縁寺の皆様、ご協力をいただきありがとうございました。

<2015/4/19 一部間違いを訂正しました。>

月別リンク

元祖・「エロかっこいい」アイドル 河合澄子・その2 近代人物調査部/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる