春のぐらもくらぶ祭り2017 これが浅草オペラだ! 誕生100年「女軍出征」の再演

2017年に入っての初めての更新です。 今年は浅草オペラ100周年ということでぐらもくらぶさんから様々なイベントが企画されているようです。 さて、昨日はそのイベントの一つ、「春のぐらもくらぶ祭り2017 これが浅草オペラだ! 誕生100年「女軍出征」の再演」を観るため、江戸東京博物館ホールに行ってきました。 以前から告知が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幻の歌姫・高井ルビー その4

本ブログもすっかりご無沙汰しておりました。 今回は高井ルビーさんの手掛かりを知りたく調査したことを書きたいと思います。 まずは高井ルビーさんの経歴についてまとめを。 1904年(明治37年)生まれ。群馬県出身。本名・天田春音(あまだはるね)。 14歳のころに上京。井上起久子のもとに弟子入りし、「高井爾美」の芸名でコー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浅草オペラ100周年イベントに行ってきました!

2か月ぶりのブログ更新です。 去る5月8日に東京江戸博物館で開催された 「春のぐらもくらぶ祭り2016 浅草オペラ100年と二村定一リスペクト・ショー」に行ってきました。 Twitterとほぼ内容が被ってしまいますが、すでにご覧になったという方はどうかご容赦ください。 第一部は大谷能成さん、保利透さん、毛利眞人さん、佐藤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元祖・「エロかっこいい」アイドル 河合澄子・その3

上は浅草オペラで人気を博した「おてくさん」を演じた河合澄子、右は杉寛です。 2016年に入ってから初めての更新です。 河合澄子といえば浅草オペラの功労者でかつ「エロかわいい」アイドルの元祖、 そして今日でいうライブアイドルの元祖の一人として知られている人物です。 笹山敬輔・著「幻の近代アイドル史」で名前を知った方も多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近況と新情報を少々。(河合澄子・安藤文子)

上の画像は河合澄子さん。1930年代の写真で、このような衣装を着てダンス披露をしていたようです。 約半年ぶりのブログ更新です。 正直、モチベーションの低下や生活面であまり余裕が持てず調査を怠っていたこともあり、なかなか更新できない日々が続いていました。 まずは河合澄子さんの情報について軽くまとめを。 1938(昭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元祖・「エロかっこいい」アイドル 河合澄子・その2

前回は浅草オペラの功労者であり、人気アイドルだった河合澄子さんの生い立ちを簡単に追ってみました。 (いくつか訂正部分がありますのでそちらも見ていただければ幸いです。) 前回では1938年10月の都新聞「河合澄子は東駒形に居住し、舞踊稽古場を開いていた」という記事を見つけたことを書きましたが、さらにその記事の中には「私の父は1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元祖・「エロかっこいい」アイドル 河合澄子

今回は大正期の舞台女優・ダンサーで浅草オペラのスター、河合澄子さんを取り上げましょう。 河合澄子さんといえば浅草オペラの歴史を語るときに外せない重要人物の一人であり、当時は先に活躍していたダンサー・澤モリノと人気を二分していたくらいの有名人で、大胆不敵な踊りで男性ファンを魅了していた、いわば現代でいうところの歌手・倖田來未のポ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お知らせ・twitterはじめました

遅ればせながらtwitterをはじめました。個人的な近況はこちらで伝えさせていただきます。 https://twitter.com/hirorin_kindai それからコメントしていただいている方には大変申し訳ないのですが、 諸々の事情でコメント欄を急遽閉鎖させていただきました。 誠に勝手ではありますがどうかご了承ください…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幻の歌姫・高井ルビー その3

浅草オペラ末期に活躍した高井ルビーさん。最近新たにいくつかのことが判明しました。 まず高井ルビーさんは佐々紅華夫人・佐々いゑ(旧姓:神田いゑ)さんとは全くの別人だったのです。 これはつい先月のことだったらしいのですが、facebook「再発見!佐々紅華の会 - 寄居よりい・埼玉 」のページの方々が佐々紅華さんの親族の方に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伝説の歌姫・安藤文子 その2

前回に引き続き伝説の歌姫・安藤文子さんについて新しくわかったことを述べましょう。 大正末期、浅草オペラのスターであり、根岸歌劇団(金龍館)の歌姫・安藤文子さんは1923年春以降消息不明かと思われていましたが、当時の芸能情報が豊富に掲載されていた「都新聞」(現・東京新聞)によるとその後も主役を務めるなど精力的に活動を続けており、9月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伝説の歌姫・安藤文子

写真右が安藤文子さん。左はテノール歌手・田谷力三さん。 今回は浅草オペラに最も縁の深い、かつ伝説的な人物であるソプラノ歌手・安藤文子さんをとり上げましょう。 安藤文子さんは1895(明治28)年6月26日、東京府東京市にて父・勝太郎と母・さたの二女として生まれました。 (※当時の俳優名鑑での誕生日は1896(明治29)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幻の歌姫・高井ルビー その2

※前回「彼女のプロフィールが載った資料は見当たらない」と書きましたが、謹んで訂正いたします。なお画像は許可がいるため今現在は掲載できません。ご了承ください。 先日、「近代デジタルライブラリー」で以前見たことのある資料を見直したところ高井ルビーさんの初期のプロフィールが書かれた記事を発見しました。 その資料というのは、「日本歌劇俳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幻の歌姫・高井ルビー

今回は大正から昭和初期にかけて舞台やSPレコードで活躍した高井ルビーさんを取り上げましょう。 高井ルビーといえば大正末期まで隆盛を極めた浅草オペラの歌姫の一人であり、作曲家佐々紅華と親交が深く、同氏の作曲「君恋し」の歌手として、また童謡オペレッタ「茶目子の一日」の母親役として戦前歌謡ファンに知られています。 ところが肝心のプ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女優・飯島綾子 ~元祖・声優にしてマルチタレント~ その3

女優・飯島綾子についてだいぶ解明できたので、 今回は生没年月日を交えながら解説しましょう。 ※2013/10/3追記:生年を訂正しました。 上は「狂った一頁」出演時の飯島綾子さん。当時19才。 飯島綾子さんは、1907(明治40)年に、東京府東京市赤坂区に、「飯田日出子」として生まれました。 小学校卒業後の13才の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女優・飯島綾子 ~元祖・声優にしてマルチタレント~ その2

前回の女優・飯島綾子さんについてもう少し詳しく解説しましょう。 上の画像は「狂った一頁」(1926年)より。飯島さん扮する娘の登場シーンです。 彼女が活躍したのは昭和初期。1925年~1939年ごろまで舞台・映画・ラジオドラマ・レコード録音・日本舞踊などマルチな活動をされていました。 以前は児童劇(小学生くらいまでの子供向けの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女優・飯島綾子 ~元祖・声優にしてマルチタレント~ その1

元祖声優にしてマルチタレントの祖でもある女優・飯島綾子(いいじまあやこ)さんの情報を集めております。 彼女は大正末期~昭和初期の間に活動された方です。 東京府東京市赤坂区新町3丁目(現在の東京都港区赤坂2~3丁目の一部)の出身で、本名は飯田日出子(いいだひでこ)。日本初の女優といわれる川上貞奴が設立した帝国劇場付属技芸学校(旧・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more